PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グランドパッキン

グランドパッキン

スカンピのブランドパッキンは砲金でできている。
砲金は鋳造が容易で磨耗や腐食にも優れるので
水回りの部品に使用されているようだ。

昨年グランドパッキンを交換したとき、
グランドパッキン押さえボルトがこんな状態になっていた。
もう数十年交換はしていないのでろうか、電飾が激しく
砲金のボルトがひょうたんのように痩せている。
2008_1125_01.jpg

ボルトの頭をダブルナットにして慎重に緩めていく
「お願い、ねじ切れないで!」と念じながら
なんとか無事に緩めることができた。

新しいパッキンを入れ、グランドパッキン
押さえのボルトも砲金からステンレスに交換
2008_1125_02.jpg

今年でスカンピの船齢は33年だ、今まで数々の
メンテナンスや部品交換をしてきたが、やはり
スカンピも私の体も目に見えない所で疲労し電飾を起こしている。

先日船検を受けたあと、グランドパッキンの
点検をしたら・・・・・あらら今度は
グランドパッキン自体の固定ボルト2本が空回りしている。
グランドパッキンは、スターンチューブにと船体に
4本のステンレスボルトで固定されている。
2008_1125_03.jpg

下側2本が利いているのと、グランドその物じたいが
FRPで固定されているので心配はないが、またまた
狭い場所で苦戦しそうだ。

今年はもうあと数週間なのでまた来年暖かくなったら
シャフトシールに変更するかな
shaf_tseal_01.jpg

| メンテナンス | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scampi30.blog26.fc2.com/tb.php/29-262b9668

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT