PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本の表紙

9月22日、スカンピが旅立って12日最近よくモニターに向いて
今度は何を記事にしようかと自分のブログを読んでいる。
振り返ると、本当に20年を掛けスカンピの船内、船外すべての配線、
ビスやロゼット(座金ざがね・ワッシャー)まで交換している。

購入当初は仕事帰りにハーバーに向かい日が暮れるまでスカンピを
走らせ続けた、休日毎にメンテナンスの計画を立て、パーツ注文から
工具調達、次は何処に手を入れる、ギャレー、トイレ、それとも
バウハッチ、と振り返ると日々スカンピと楽しみながらレストアを
続けていた。

なかでもオーナーズチェアーの製作では、スケッチブックを持って、
新西宮ヨットハーバー、大阪北港ヨットハーバーと走り回り、自分
の理想のチェアー(パルピット)をイメージしたスケッチブックを
業者に渡し作成してもらった。

オーナーズチェアーと同時にライフライン、スタンション補強
ターンバックルなどありとあらゆる部品を交換していった。

ちょうどヨットハーバーでオーナーズチェアーの作業中の写真が、某出版会社
から推理小説が出版され、その表紙の中央にスカンピが写っていた。
すぐに出版会社にメールで「出版に写真が欲しい」と連絡したところ数日後に
フィルムネガと一緒に写真が送られてきた。

嬉しくて本屋に行くたびに、何度もその本を探していた、それから数日
ある日突然とその本の表紙が代わっていたのには驚いた。こんな事があるんだ
原因は私が送ったメールであることは間違いない、トラブルを避けるために
出版会社がとった対策だろうと感じた。

と、20年ではこんな出来事もあった。ともあれ今日も考えがまとまらず
こんな訳のわからない記事になってしまったが、また明日、今日の続きは考えよう。
次はナイト航行で迷子になった出来事を記事にするか。

| Scampi 30 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

岡山から喜んで

HAL様がおっしゃられるとおりです。
スカンピは船尾(スターン)にかけてかなり船体を絞った設計に
なってますのでコックピットに4人入るとセーリング中には、
セールトリムや舵がとりにくい状態でした。

サンセットクルージングするには最高のゲストポジションです。
オーナーにとっても、舵はオーパイに任せワッチ含め眺めも最高です。

スカンピの問い合わせの中でも、もっとも多かったのがこの
オーナーズチェアーについてでした。
スカンピを知る方々はどうしてもそのオーナーズチェアーに座って
みたいとレース等で牛窓にこられた方から声を掛けられていました。

丁寧に仕上げていますが、月日とともにニスが剥がれてきますので
その時は遠慮なく纏めて岡山へ送ってください。
塗り直しには1ヶ月程度必要ですが、オフシーズンには最適なメンテです。
チークの取り外しは南海ボート様へ説明しております。

岡山から喜んでお手伝いいたします。

| scampi | 2012/09/29 08:40 | URL | ≫ EDIT

そういうこともあったのですね

先ほども書きましたが、
オーナチェアのつくり、すばらしいモノです。
そしてそこからの景色の良いこと。

心を込めていただいた座面の木の最後の仕上げ。
涙が出そうな作品です
大人気です。

昔の話です
スカンピをレースに使っていた手練れは
前に体重をかけろと言って
コクピットから人を追い出します。

だからそういう時代にスカンピでレースしていた私は
スカンピのトランザムシートなんか考えもしませんでした。

でも、2人座っても横から見ても
それほど影響はありません。
いまやクルージング艇として考えたとき
これほどすばらしいスカンピへの贈り物はありません。

なぜなら、そう
スカンピのコクピットはとても狭いのです。
4人が座ってもきついほどです
でもこの二つのシートは人の和をも作ります。

すてきすぎます。笑

| HAL | 2012/09/28 23:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scampi30.blog26.fc2.com/tb.php/196-db2f802e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT