PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風対策について

本来なら仕事が終わったら直ぐにヨットハーバーへ向かっている
ところだが、今回はいつもと少し様子が違う。
岡山から「台風が九州から離れて通過して」と願うしかない。

台風対策について

・強風でジブファーラーが開きます。スピンハリで巻くかジブセールを降ろす。
・猛烈な雨が降るとバウハッチから雨漏りがあります。専用のカバーをする。
・ブームを固定して、ブームカバーをシートで巻いてください。
・ティラーはしっかりと固定してください。ストッパーが破損します。
・ハルが低いので桟橋に接触しないようバース中央側へ離してください。
 (スタンションの折れやハルの破損につながります。)
・舫いはバウアイを通さずにクリートから直にビットへ長めに取ってください。
 (アイとロープの摩擦で切れます。また短いと太くても切れます。)
・ロープしっかりと張っていても船が暴れると約50センチ前後伸びます。

最後に、先日気がついたポート側給水口下の雨漏りを何かで受けてください。
 (航海機器や合板がダメになります。)

手放した艇なのに差し出がましくこのような記事を掲載し申し訳ありません。
また、プロの方々に失礼な掲載かもしれませんが、よろしくお願い致します。

慣れていない桟橋です。最善は船舶の上架かと思います。
ハーバーマスターよろしくお願いします。

sc_20060922_01.jpg
2006年9月18日台風13号 (SHANSHAN)通過時

過去の台風対策記事一覧
「6月の台風」
「台風の気配」
「台風対策」

岡山からひとりごとです。

| 気象 | 21:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前、ここを読んだ時にコメントを残すのを忘れていました。
この貴重なアドバイスはすべてのヨットに通じますね。
読み返すたびに心が暖かくなる文章が多く、スカンピくんに佇む時に時間差のコメントお便りをして行きたくなりました。

| HAL | 2013/05/23 02:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scampi30.blog26.fc2.com/tb.php/194-35497ba9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT