PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上架 2日目

上架清掃2日目

3月16日、昨日に続き船底の清掃を行いながら船底塗料を塗る準備をする。
ひつこいフジツボが付いている部分は船底塗料が剥げエッジが立っているので
サンドペーバーなどで角を落としながらできるだけ滑らかにしていき
オズモシスなどが無いかしっかりと確認をする。
sc_080316_02.jpg

フジツボが付いていた部分には薄い貝の殻が付着している
船体も乾いてきているのでスクレーパーからノミに変え
丁寧に下地を作っていく。スクレーパーで無理やり剥がすと
前回の船底塗料まで丸く剥げるためノミを使う。
右舷側の状態 藤壺がかなり付着していた。
sc_080316_03.jpg

ラダーの状態 長年補修していないので小さなオズモシスがある。
sc_080316_04.jpg

ペラの状態 あららどうしよう磨くのに疲れそう。
sc_080316_05.jpg
上架に少し手を抜いているとほんと大変な作業になる。
肩こりも激しくなってきたので昼食と休憩をとる
昨日に続きとてもいい天気になってくれた。
ヨットヤードへテーブルを広げみんなでお弁当はとても美味しい。
sc_080316_09.jpg
sc_080316_10.jpg

休憩後作業開始、ところがここで体に異変(-_-;)
思ったように手が動かない・・・・運動不足?
sc_080316_07.jpg

今回大きな修理はないと思いコンプレッサーは積んで
きていないのでエアーツールは使えない。そうそう
古いが電動工具のサンダー(オーピタルサンダー)があった。
紙やすりなどを底面に取り付けて、やすりがけをする工具
このサンダーで船底を磨くとすぐに目詰まりを起こして
あまり使い物にならなくなるが手作業よりはかなり楽である。
その点エアーツールのオーピタルサンダーは目詰まりを
起こす事もあまりなく優秀だ。
sc_080316_08.jpg

順調に船底の処理も進み次はプロペラの作業に入る。
上架初日のブログや下の写真で分かるように大変な状態のペラだ。
sc_080316_06.jpg

真鍮に傷を付けないように、大小2種類のノミと240番のサンドペーパーで丁寧に磨く
sc_080316_12.jpg

手作業でも1時間程度でここまで磨く事が出来る。
この後磨いたペラから油分や不純物をシンナーなどで拭き取りプライマーの塗装をする。
sc_080316_13.jpg

上架2日目の作業はここまで明日は雨模様なのでプライマー塗装も予定を変更して
後日の作業にする。

| 牛窓 | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scampi30.blog26.fc2.com/tb.php/13-be22b4ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT