2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

≫ EDIT

クルー(バウマン)

1992年11月、坂出市長杯ヨットレースへ参加した時のもの、この頃は
私も30歳と若くレースではいつも船首でバウマンとして作業をしていた。
バウマンは船首でスピンの準備からヘッドセールをの張り替え作業など
重要なポジションのクルーだが、私はよくスピンネーカーの舫いを
繋ぎ間違えていた気がする。 はずかしいので小さめにUP
sc_1992_11_01.jpg

こんなにオーバーヒールさせると、勝てるレースも勝てなくなる~
20nt前後の風でDNF、時間内にフィニッシュできなかったのを覚えています。
苦やし~でもクルーなので船長の指示どおり、なぜリーフしないの?って感じでした。
sc_1992_11_02.jpg

Dufour405(デュフォー)のオーナーが、バースにスカンピが無いことに
気づき、さみしいであろうと心配して連絡をくださいました。
デュフォーのオーナーの心づかいで当面このデュフォー405のクルーとして
頑張る予定です。しかしめっちゃ綺麗で掃除のし甲斐がなさそうです。
sc_20120812_10.jpg

まずは航海機器をはじめ数々のスイッチ類を覚えないと・・・
スカンピの3倍位はあるでしょうか ラットも二つあります。
sc_20120527_04.jpg

マストの上には誰が上がるの・・私は遠慮しておきます。少し高すぎる
sc_20120527_05.jpg

このクラスになるとキャビンを横に歩けほど広く
ビームの長さは3,98mもあります。
sc_20120527_06.jpg

どこをとっても便利で綺麗です。私の出番は当面ワッチ(見張り)位ですかね。
sc_20120812_11.jpg

台風17号通過中にこんな記事になり、大変申し訳なく感じています。

| クルージング | 16:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風の大きさと強さについて

9月29日15時現在
沖縄本島では強烈な吹き返しの風が吹いているようです。
ここ岡山からはでは状況が分からないので詳細はこちらのサイトから
デジタル台風

台風の大きさと強さについては少し理解しにくい表現になっていると
個人的に感じる。気象庁の数値が分かるよう参考図を作ってみた。

鹿児島から岡山まで直線距離で約500Km
800Kmだと、おおよそ鹿児島、静岡間になる。

気象庁では以下の基準で表現しているようだ。

台風の大きさ
台風に伴う風速15m/s以上の領域の半径を基準にして決めている。

大きさ:風速15m/s以上の半径 500km未満
大型:(大きい) 500km以上 800km未満
超大型:(非常に大きい) 800km以上

20120092820.jpg

台風の強さ
台風の最大風速を基準にして次のように決める。

強さ: 最大風速 33m/s(64ノット)未満
強い: 33m/s(64ノット)以上 44m/s(85ノット)未満
非常に強い: 44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満
猛烈な: 54m/s(105ノット)以上

| 気象 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風を取り巻く雨雲

台風17号は28日20時現在、宮古島の南南西を20km /h(11kt)で
北北東に進んでいるようです。
この台風17号、今年日本に接近している台風では、雨、風、
大きさ、勢力ともに今年一番のようです。

台風を取り巻く雨雲は北側に掛かっており、これから台風が
通過する北側の各地で一時的に激しい雨がに降りそうです。
みなさんも十分注意してください。
20120092820J.jpg
高知大学気象情報貢

| 気象 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェット気流(強風軸)

昨日までのジェット気流(強風軸)に少し気になる変化が確認できる。
今日の天気図で確認すると、朝鮮半島から南へ流れていた強風軸が東へ
流れ出している。
台風17号は、25日に予想していた進路よりやや北寄りのコース進む予想だ。
20120092718.jpg
高知大学気象情報貢

米軍合同台風警報センター(JTWC)でも進路予測を北よりの
コースに更新しているようだ。

| 気象 | 20:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風17号(ジェラワット)

2012年9月21日に発生した台風17号(ジェラワットJELAWAT)は
中心気圧905hPaまで発達し、徐々に北より進路をとり始めた。
気象庁の情報によると、今日現在では台風全域で310km程度だが、
明日以降でまだまだ勢力を強め大型になるよそうだ。
また、中心付近の最大瞬間風速は85m/s(165kt)と予想されているが
米軍合同台風警報センター(JTWC)では170ktと想像できない風速だ。

現在の気象状況から、この台風17号、福岡までの北上は無いと予想される。
私の素人予想では南西諸島(奄美大島)付近から北東方面に進路をとり
潮岬の沖に向けて進む予想だ。

できるだけ早く偏西風の影響を受け、東へ進路をとってもらいたい状況だ。
20120092510.jpg
高知大学気象情報貢

一方、台風18号(イーウィニャ)は父島の南西を北東へ進み、
24日に発生した漁船と貨物船の海難現場、城宮城県沖の太平洋へ
向いている。乗組員の方の捜索に影響が出なければいいのですが、
行方不明の方々が無事であることをお祈りします。

| 気象 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北北西

今朝、昨日書いたブログの文書をチェックしながら
衛星画像を見ていたところ、昨日、南の海上で台風に発達した
2012年台風17号(ジェラワットJELAWAT)の動きが怪しくなった。

大陸からの高気圧に進路を阻まれ西へ向かうかと思っていたが
どうやら予想とは違い北上してくるコースが濃くなったようだ。

動きが遅く停滞して周囲の雲をどんどんまとめ、発達してきている。
これから要チェックの台風になる可能性大ですね。
20120092221.jpg
高知大学気象情報貢

| 気象 | 08:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本の表紙

9月22日、スカンピが旅立って12日最近よくモニターに向いて
今度は何を記事にしようかと自分のブログを読んでいる。
振り返ると、本当に20年を掛けスカンピの船内、船外すべての配線、
ビスやロゼット(座金ざがね・ワッシャー)まで交換している。

購入当初は仕事帰りにハーバーに向かい日が暮れるまでスカンピを
走らせ続けた、休日毎にメンテナンスの計画を立て、パーツ注文から
工具調達、次は何処に手を入れる、ギャレー、トイレ、それとも
バウハッチ、と振り返ると日々スカンピと楽しみながらレストアを
続けていた。

なかでもオーナーズチェアーの製作では、スケッチブックを持って、
新西宮ヨットハーバー、大阪北港ヨットハーバーと走り回り、自分
の理想のチェアー(パルピット)をイメージしたスケッチブックを
業者に渡し作成してもらった。

オーナーズチェアーと同時にライフライン、スタンション補強
ターンバックルなどありとあらゆる部品を交換していった。

ちょうどヨットハーバーでオーナーズチェアーの作業中の写真が、某出版会社
から推理小説が出版され、その表紙の中央にスカンピが写っていた。
すぐに出版会社にメールで「出版に写真が欲しい」と連絡したところ数日後に
フィルムネガと一緒に写真が送られてきた。

嬉しくて本屋に行くたびに、何度もその本を探していた、それから数日
ある日突然とその本の表紙が代わっていたのには驚いた。こんな事があるんだ
原因は私が送ったメールであることは間違いない、トラブルを避けるために
出版会社がとった対策だろうと感じた。

と、20年ではこんな出来事もあった。ともあれ今日も考えがまとまらず
こんな訳のわからない記事になってしまったが、また明日、今日の続きは考えよう。
次はナイト航行で迷子になった出来事を記事にするか。

| Scampi 30 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桟橋

6月10日の牛窓ヨットハーバー 
桟橋
sc_20120610_10.jpg

sc_20120610_11.jpg

| 牛窓 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風対策について

本来なら仕事が終わったら直ぐにヨットハーバーへ向かっている
ところだが、今回はいつもと少し様子が違う。
岡山から「台風が九州から離れて通過して」と願うしかない。

台風対策について

・強風でジブファーラーが開きます。スピンハリで巻くかジブセールを降ろす。
・猛烈な雨が降るとバウハッチから雨漏りがあります。専用のカバーをする。
・ブームを固定して、ブームカバーをシートで巻いてください。
・ティラーはしっかりと固定してください。ストッパーが破損します。
・ハルが低いので桟橋に接触しないようバース中央側へ離してください。
 (スタンションの折れやハルの破損につながります。)
・舫いはバウアイを通さずにクリートから直にビットへ長めに取ってください。
 (アイとロープの摩擦で切れます。また短いと太くても切れます。)
・ロープしっかりと張っていても船が暴れると約50センチ前後伸びます。

最後に、先日気がついたポート側給水口下の雨漏りを何かで受けてください。
 (航海機器や合板がダメになります。)

手放した艇なのに差し出がましくこのような記事を掲載し申し訳ありません。
また、プロの方々に失礼な掲載かもしれませんが、よろしくお願い致します。

慣れていない桟橋です。最善は船舶の上架かと思います。
ハーバーマスターよろしくお願いします。

sc_20060922_01.jpg
2006年9月18日台風13号 (SHANSHAN)通過時

過去の台風対策記事一覧
「6月の台風」
「台風の気配」
「台風対策」

岡山からひとりごとです。

| 気象 | 21:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風16号(SANBA)

9月16日22時

台風16号(SANBA) 位置は枕崎市の西約230km付近、福岡までの距離約360km
現在の速度ならあと6時間程度で中心が五島列島の西を通過する予定
被害がないこと祈るばかりです。
20120091620J.jpg
高知大学気象情報貢

<16日22時の推定>

大きさ:大型
強さ:非常に強い
存在地域:枕崎市の西約230km
中心位置:北緯 30度55分(30.9度)

東経 127度55分(127.9度)
進行方向、速さ:北 35km/h(18kt)
中心気圧:935hPa
中心付近の最大風速:45m/s(90kt)
最大瞬間風速:65m/s(130kt)
25m/s以上の暴風域:東側 260km(140NM)
西側 170km(90NM)
15m/s以上の強風域:全域 560km(300NM)
気象庁 Japan Meteorological Agency


9月16日
昨日の中心気圧905hPaと勢力は衰えていなかったいようです。
今朝はの中心気圧は925hPですが、昨日と同じ状況ですね。
このまま気圧が低いと、海面が上昇し高潮が発生するおそれがあり
風速と潮位から目が放せない状況です。まして明日からの3日間は大潮です。
博多港
2012/9/16(日):大潮 09:40 21:56
2012/9/17(月):大潮 10:21 22:29
20120091607J.jpg
高知大学気象情報貢

<16日09時の推定>
大きさ:大型
強さ:非常に強い
存在地域:与論島の西約30km
中心位置:北緯 27度00分(27.0度)
東経 128度05分(128.1度)
進行方向、速さ:北 25km/h(14kt)
中心気圧:925hPa
中心付近の最大風速:45m/s(90kt)
最大瞬間風速:65m/s(130kt)
25m/s以上の暴風域:東側 260km(140NM)
西側 170km(90NM)
15m/s以上の強風域:東側 560km(300NM)
西側 500km(270NM)
気象庁 Japan Meteorological Agency

<15日20時の推定>
大きさ:大型
強さ:猛烈な
存在地域:那覇市の南南東約230km
中心位置:北緯 24度20分(24.3度)
東経 128度35分(128.6度)
進行方向、速さ:北 20km/h(11kt)
中心気圧:905hPa
中心付近の最大風速:55m/s(105kt)
最大瞬間風速:75m/s(150kt)
25m/s以上の暴風域:全域 220km(120NM)
15m/s以上の強風域:東側 560km(300NM)
西側 500km(270NM)
気象庁 Japan Meteorological Agency

それにしても最大瞬間風速75m/s(150kt)は考えると怖いです。

2004年9月7日台風18号通過時の高潮
当時の動画からキャプチャーした画像
台風接近により海面が上昇し桟橋が上に向いていいます。
20040907_18_02.jpg

9月14日掲載
14日03時の実況
大きさ:大型
強さ:猛烈な
存在地域:フィリピンの東
中心位置:北緯 17度10分(17.2度)
東経 129度40分(129.7度)
進行方向、速さ:北 15km/h(8kt)
中心気圧:900hPa
中心付近の最大風速:55m/s(110kt)
最大瞬間風速:80m/s(155kt)
25m/s以上の暴風域:全域 220km(120NM)
15m/s以上の強風域:全域 500km(270NM)
気象庁 Japan Meteorological Agency

13日早朝、高知大学気象情報のサイトとHBCウェザーセンターで
天気図を確認、13日現在、台風16号は中心気圧が950hpaまで
発達し沖縄の南海上を北上してきている。

今日の状況は、大陸の高気圧1020hpaと太平洋高気圧1026hpaとの
間に日本列島が挟まれている状態のようだ、今後この台風16号は
沖縄を通過し東シナ海へ向かい、その後大陸からの高気圧に
阻まれ五島列島の西海上で偏西風に流され北東へ進路を変える予想。

中心気圧は発達しっても大きくなってほしくない状況です。
素人予報だが要注意の台風であることは間違いない。
20120091310.jpg
高知大学気象情報貢

過去の台風対策記事一覧
「6月の台風」
「台風の気配」
「台風対策」
「台風14号(CHABA)」

| 気象 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高の便り

それは何よりも嬉しい一報でした。
「スカンピ号快調です。」
南海ボートセールススタッフ様からの連絡

スカンピが牛窓を出港して20時間が経過、9月11日午後12時42分
回航してくださっている、南海ボートセールススタッフ様からのメールでした。

スカンピと共に20年、楽しいこと、悲しいこと、苦しい事、そして
数々の感動、私にとって、とても大切であり大きく感じています。
本当に20年間メンテナンスし続けてきてよかったと実感した瞬間です。
sc_20120503_10.jpg
2012年5月3日上架時


新オーナー様、そしてスカンピを囲む皆様よろしくお願いいたします。

| Scampi 30 | 06:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

回航状況

スカンピ回航状況

スカンピ新オーナー様
勝手に情報等写真を公開して申し訳ないです。お許しください。

南海ボートセールスタッフ様
岡山・福岡間約250マイル、50時間という航海、スカンピを
無事に新オーナーの許へ回航してくださり大変ありがとうございました。

9月12日午後15時11分
無事にヨットハーバーへ到着、専用バースへ係留
20120912_150122.jpg

9月12日午後14時11分
玄界島を通過し、無事に博多湾に入ったとのこと

9月12日午前5時44分
関門海峡通過連絡
「日の出と同時に関門海峡通過」とのこと
20120912_053809.jpg

スカンピに装備しているFUSOのGPSプロッターでは
対地速度7ノット出ていますね。重たい船体なのにすごい
20120912_053659.jpg

南海ボートセールススタッフ様、細やかなお気遣いありがとうございます。
九州福岡の天候は、本日も高気圧に囲まれ良好です。
残り10時間気をつけて航行してください。

2012年9月11日
午後22時前後に北九州市新門司マリーナへ入港予定
関門海峡の潮待ちのため出港は明日早朝とのこと

福岡まで残り62マイル(約100キロ)スカンピ巡航速度で10時間
安全な航行を祈っております。


2012年9月11日12時42分
南海ボートセールスのスタッフさんからのメール連絡
「12時に上関を出港しました。スカンピ号快調です。」
20120911_124655.jpg
牛窓出港から22時間、船体にもスタッフの方にも異常なく
順調に進んでいるようです。


2012年9月11日
 午前0時来島海峡北部伯方島(宮窪)を無事に通過し、
午前06時30分現在、松山市中島(歌崎)沖を順調に航行中と連絡があった。
予備燃料20リットルを補給し燃料タンクは2/3と予備20リットル
今後は、上関港へ入港し給油予定。


同日18時55分
「南海ボートセールス」のスタッフさんから連絡
 現在、備後灘(江ノ島)の手前、三豊市三埼と六島の間を
6.5ノットで順調に進んでいるとのこと。
このまま本航路を進み、来島付近には午前0時頃到達予定。

2012年9月10日14時00分
岡山県牛窓ヨットハーバー出港

| Scampi 30 | 07:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たな旅立ちへ「出港」

2012年9月10日(月)
牛窓ヨットハーバーから最後の見送り(14:00)安全な航海を
sc_20120910_02.jpg

今回、回航のお世話になる「南海ボートセールス」のスタッフの方と岡山駅で
無事に合流、予備燃料、食料等を調達して牛窓へ
出港準備中はあいにくの天候だが、今日以降は最高の天候となりそうだ
sc_20120910_03.jpg

オーニングを張り、セール、食料、予備燃料、予備の水を積込み
sc_20120910_04.jpg

十年ぶりに積込むスピンポール
sc_20120910_05.jpg

なにやら打ち合わせ・・・
sc_20120910_06.jpg

sc_20120910_17.jpg

今回も裏方で私をサポートしてくれた嫁さん いつも本当にありがとう
sc_20120910_07.jpg

南海ボートセールス」のスタッフの方 手際よく艇をチェック スカンピをよろしく
sc_20120910_08.jpg

あっと言う間にFURUNO GP-1800を装備。
アンテナを載せてます。スカンピに装備してるFUSOUが予備ですね。
sc_20120910_18.jpg

午後13時45分すべての準備が整ったスカンピ(砕氷買い忘れた)ごめんなさい
sc_20120910_09.jpg

ヌヌ・・後ろ髪引かれてるよ
sc_20120910_10.jpg

九州、福岡へ向け50時間の航海へ出港です。
sc_20120910_11.jpg

スカンピを、新オーナーの許へよろしく 安全な航海を
sc_20120910_12.jpg

写真では見たことがあったが、実際にスカンピが走っている姿を見るのは
始めてかもしれない、なんてカッコいい・・・・
少し大げさかもしれないが「ヨットの貴公子」みたい
sc_20120910_13.jpg

南海ボートセールススタッフの方へ、これから福岡まで50時間と長いですが
くれぐれも気をつけてください。安全な航海を岡山から祈っております。
sc_20120910_14.jpg

sc_20120910_15.jpg

出港から20分、すでにスカンピは目視できなくなる。牛窓をあとに
sc_20120910_01.jpg

前オーナーから22年、スカンピを安全に係留し続けてくれていた
専用の桟橋(バース)、そしてビット、すべてにありがとう。
きっと来週も来るよ
sc_20120910_16.jpg

19時「南海ボートセールス」のスタッフさんから連絡 現在、備後灘(江ノ島)の手前
三豊市三埼と六島の間を6.5ノットで順調に進んでいるとのこと。
このまま本航路を進み、来島付近には午前0時頃到達予定。

| Scampi 30 | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカンピ

9月8日(土)
スカンピと言うヨットとの出会い
1976 Scampi Mk2 YAMAHA 30 No.0100012 
Designer Peter Norlin BuilderYamaha Motor Co.,Ltd
sc_20120908_01.jpg

回航の日程も決まり、船底清掃を兼ねた最終チェックへ出港
sc_20120908_02.jpg

エンジン、グランドパッキン及び航海器機すべて良好
巡航2000回転、船体に振動もなくとても快調
スカンピの船体は今でも古さを感じさせない。
sc_20120908_04.jpg

スカンピの機走時の巡航速度は約5kt(ノット)エンジンの
回転数は2000rpm、時間消費燃料約1.5リットル程度、時間消費燃料は
エンジンへの負荷加減により大きく変化する。1800回転で艇速をおとすと
時間消費燃料は極端に少なくなる。
2GMに載せ変えた時に燃料タンクは40リットルタンクへ変更している。
sc_20120610_04.jpg


キャビンへの入り口中央に見えるのが、チーク合板をニス塗りで
仕上げたワッチ「見張り」専用の椅子、ロングにはオートヘルム
ST1000とこの椅子がとても重宝します。
sc_20120908_03.jpg

上架メンテナンスから4ヶ月を経過しているが、エンジン回転数2000
巡航速度約5.4ノットと船底の汚れもまったく無い状態
sc_20120908_06.jpg

GPSプロッターで確認する対置速度(地面に対する物体の速度)は
5.2ノットを表示している。とても快調です。
sc_20120908_05.jpg

スカンピへ
瀬戸内のこの長閑な風景もそろそろ見納めです。私にできることはここまでです。
新オーナーの許、九州(玄界灘)の荒波でも頑張ってくださいね。
sc_20120908_07.jpg

スカンピの船体が海面を切りながら青い海に真っ白な航跡を残し、
大海原を進む豪快さに、言葉ではいいあらわせない感動があった。
ヨット・スカンピとの初めての出会いだった。
そして最後の入港、新たなスタートはすぐそこです。
sc_20120908_08.jpg

1976 Scampi Mk2 YAMAHA 30
青い海に真っ白な航跡を残し、豪快に大海原を進む
sc_20120908_09.jpg

20年間ありがとう。

| Scampi 30 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカンピの状態(回航準備)

9月2日(日)
今年5月に上架、船底メンテナンスを実施 現在何時でも移動は可能です。
定期的に走らせている為船底の状態は良好と思われます。
sc_20120902_01.jpg

海図の装備につて
・1114号A 備讃瀬戸東 1/45,000
・130号  備後灘付近 1/45,000
・137号A 備讃瀬戸東部 1/45,000
・137号B 備讃瀬戸西部 1/45,000
・153号  備讃瀬戸及備後灘 1/125,000
・103号  三原瀬戸付近  1/35,000
・1108号 安芸灘及広島湾 1/125,000
・1128号 新居浜港及来島海峡 1/35,000
・H-804 プレジャーヨット・小型船舶港内案内
 瀬戸内海東部(大阪湾―燧灘)

上記海図については瀬戸内のため回航後に返送をお願いします。

今回依頼により装備
・1101号 周防灘及付近 1/125,000
・1218号 別府灣・臼杵灣及附近
・135号 関門海峡付近
・1228号 玄界灘
・H-804 プレジャーヨット・小型船舶港内案内(周防灘及付近)
sc_20120902_02.jpg

簡易的な工具及び予備パーツ(インペラ、Vベルトその他)
工具についても返送をお願いします。
sc_20120902_03.jpg

GPSはFUSO FEG-600を装備し、オートパイロットはオートヘルム1000です。
現在電子航海器機はすべて良好な状態です。
エンジンが船首にあり非常時の手掛けは無理ですので電気(バッテリー)
の使用には十分注意が必要です。
sc_20120902_04.jpg

桟橋のロッカーにはスピンネーカー等セール、予備燃料
sc_20120902_05.jpg

また、7月に依頼のあった岩場用のアンカー「バーフッカーアンカー」
が入っております。スターンのハッチに入らなかった・・・
デッキ及び船底のゲルコートに傷が付くため降ろしております。
お持ちになるかは出港時にご判断ください。
sc_20120902_06.jpg


| Scampi 30 | 21:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月