2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

紫外線対策

17日、四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方で梅雨明けしたとみられる
と気象庁が発表した。平年より少し早いようだ。

大雨の次は直射日光(紫外線)対策、以前(2008年11月)にマストライトの配線を
交換、その配線が痛まないようコルゲートチューブで保護、これで紫外線による劣化
は少しは違うでしょう。(2012年06月9日作業)
sc_20120609_04.jpg

| メンテナンス | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舫ロープ

クルージング用(お出かけ用)舫ロープ16mm・12M×2
アンカーロープクレモナ14mm・50M 12mmかも・・
sc_210120716_03.jpg

この時期ハッチの中が「カビ」ないように風通しも必要です。
sc_210120716_04.jpg

| ヨット艤装品 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風の気配

数日前から気になっていた、南海上の発達した雲がまとまって来た。
明日以降で台風になりそうな感じだ。
またまた台風対策準備をしないといけないようです。
12071511gmt.jpg
高知大学気象情報貢

ジブファーラーは台風に備えて本来降ろすべきですが、今回もまた
少し手抜きをしてスピンのハーリーヤードでジブの開き防止です。
sc_210120716_01.jpg

ブームカバーも「パタパタ」暴れるのでシートでこんな感じにして破れ防止。
sc_210120716_02.jpg

台風7号は太平洋高気圧にはばまれ、北西に進んでいるようですね。
今後は、東シナ海から朝鮮半島へ向けて進むようです。

| 気象 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の日を前に

今年4月にハーバーカフェ「Harbor Café」がオープンしてから数ヶ月
海の日を前に少し店内が寂しく思えるので、夏らしいレイアウトに
夏向けレイアウト案を持っていってきた。 粗大ごみになったらごめんなさい。
sc_20120713_07.jpg

お店の中は無理かも、でも外に立てかけて夏をイメージした感覚で
約30年前のコースレース用ボード(エポキシカーボン)と記入がある
sc_20120713_06.jpg

ボードは397(約4m)このボードで各地を周ってたんだと、あらためて実感。
やはりスカンピでお出かけは最高、さあ舫を解いて出港です。クルーザーって楽です。
sc_20120713_09.jpg

友達から海の日の体験セーリングの応援依頼があった、応募が過去最高の
150人以上の申し込みがあったようだ、応援できなかったらごめんなさい。
sc_20120713_08.jpg

みなさんも是非牛窓へ、気分もロケーションも最高!

| 牛窓ヨットハーバー | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛窓マリーナ

今回、海図(港湾案内)から予備のアンカーまで準備していただいたナスボートさん
(牛窓マリーナ)綺麗なボートが沢山あり、お店のみなさんも大変親切に
してくださいました。また、レオに優しくしてくださってありがとうございました。
追加で注文したH-803よろしくお願いします。
sc_20120713_04.jpg

昨日九州に大雨を降らせた前線が北へ上がったため、先手のデッキカバー
を張りにヨットハーバーへ、写真は午後3時頃この後時間雨量44mmを記録する
大雨が降った。デッキカバーが間に合ってよかった。
sc_20120713_01.jpg

永年乗っているわりに、先週きづいた雨漏り、大雨になるとコンパスの僅かな隙間から
雨水がトイレの床へ落ち隔壁の合板へ滲みてきている。コンパス交換ですね。
sc_20120713_02.jpg

南の海上や大陸の一部に発達した積乱雲が確認できます。
九州地方の豪雨が早く収まってくれるといいですね。
12071419jst.jpg





| 牛窓 | 06:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スロットワイヤー入荷 (予備)

先週水曜日注文していた緊急時用のスロットワイヤーが入荷した。
少し力が入り過ぎるのか、何か大事なときなどにワイヤーの繋ぎ目が折れてしまう。
これでギアのワイヤーと予備が2本そろった。
sc_20120711_01.jpg

巡航4.5ノット、昼間(DAY)のみで一日平均約50マイル
九州までの航行で何日かかるでしょう。ビールはどれ位いるか・・・
少し足らない気がします。
sc_20120711_02.jpg

回航(航行)プラン計画中です。

| ヨット艤装品 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

回航準備

7月8日(日)
先日までの活発な梅雨前線の雨も上がり、梅雨の中休みです。
いつも私とスカンピの裏方でお世話役の妻が久しぶりに乗船した。
sc_20120708_05.jpg

永年大切にしてきたスカンピですが、九州へ回航することが決定してきた。
いつでも出港できるよう、あれこれと準備中!
先日、旧ハーバーマスターが桟橋に張ってくれた板のおかげで
楽に荷物が運べるようになった。
sc_20120708_01.jpg

清水100リットル(予備20リットル)・軽油40リットル(予備20リットル)
念のため軽油は+20リットルで準備中
sc_20120708_02.jpg

スカンピには冷える冷蔵庫はなく、また、排水ホースも外している
そのため、ロングにはこの3000リットルのクーラーBOXが重宝する。
sc_20120708_04.jpg

オーナーズチェアーも紫外線の劣化を防ぐためコーラル生地で
カバーを作成した。これで再塗装も3年は大丈夫
sc_20120708_03.jpg

この日は回航プランなどの相談があり、スカンピに装備している
GPSプロッターを使い巡航速度から停泊地までの計算などをチェック
また、機走で船底の汚れを落としてきた。

キャビンのクッションからブームカバーなど、今回も裏方で
私を支えつづけてくれた妻、「ありがとう、これからもよろしく」
sc_20120708_06.jpg

そしてスカンピへ「素晴らしいヨットライフをありがとう」
sc_19940429_01.jpg

| Scampi 30 | 06:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活発な梅雨前線

7月3日
九州で大雨を降らした活発な梅雨前線、ここ岡山でも今朝から
時間雨量16mmと激しい雨が降った。

先々週補修したコックピットチークからの雨漏りが心配で、仕事帰りに牛窓へ
火曜日が定休日なのでしっかりと門がしまっている。開錠しスカンピへ
sc_20120703_03.jpg


ビルジ溜まりには心配していた雨水もまったくないドライな状態に一安心
今までわずかながら溜まっていた水は、思っていたとおりコックピットに
張ってあるチークの隙間からの浸入と分かった。
sc_20120703_02.jpg

船内に水が浸入しない事、新しいヨットでは当たり前かもしれないが
スカンピのようなオールドヨットでは、要所要所のチェックとメンテナンスが欠かせない。
sc_20120703_01.jpg


早くこのビルジポンプを配管(配線)すればハーバーまで確認しに来なくて
すむのですが、誰も居ないハーバーもまた気分転換にはちょうどいい。
sc_20120630_06.jpg

| 気象 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーニング

7月1日(日曜日)
ヨットの上で広げると余り大きく感じないが、自宅に持ち帰ると大きい。
スカンピのオーニングはコックピットにあわせて台形にカットしている。
約2600×3200
sc_20120701_02.jpg

収納時はコンパクト収めれるよう両側に伸ばして使える物干し竿を使っている。
sc_20120701_03.jpg

オーニングを張る時に船上でテンションをかけると、このポールがなかなか
出てこない、両脇の赤い丸の部分が抜けてしまう。
これからの季節太陽の熱でやわらかくなり、いっそう抜けやすので接着剤を
入れ簡単に引き出せるようにした。
sc_20120701_04.jpg

午後から天候も回復しオーニングが完全に乾いて収納、あとはスカンピへ
持っていくだけ。
sc_20120701_05.jpg

| メンテナンス | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エンジンケーブル(プッシュプル・ケーブル)

以前も何度か掲載したスロットワイヤー、エンジンケーブル
(プッシュプル・ケーブル)スカンピのエンジンはバウ(船首)
にあるためかこのスロットワイヤーが定期的に切れてしまう。
sc_20120630_05.jpg

箱の中身はこれ「ニューヨットジャパン」のサイトからも購入できます。
最近よくお世話になるデュフォー(DUFOUR)のオーナーも他の艇の
回航の時に、このワイヤーが切れ大変だったと聞く。

トラブルに備え、使用済のケーブル(20FT)(切れたワイヤー)を
持ち帰り、このままヤンマーさんへ持ち込み注文する。製品番号 33C 20FT
こうすることで間違いのないパーツが手に入る。
sc_20120701_01.jpg

切れる原因があると思い、数年前からスロットワイヤーの上のハッチのチークに
コーキングを入れたり、また、雨漏り防止(ゲルコート塗装)を実施してからは、
かれこれ何年も切れていない。
sc_20111008_11.jpg


| メンテナンス | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月