2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

≫ EDIT

マジョニー・エアーフェンダー

スカンピのフェンダーはいつもマジョニー・エアーフェンダーを使っている。
サイズは19×68、トップ・サイドが低くチャインハルのスカンピには
このサイズがベストサイズ。
このフェンダーはフェンダーのバルブの穴にコンプレッサーを使ってエアーを吹き
入れて膨らませるタイプ、いわゆる自動車と同じような仕組みになっている。
sc_20120225_01.jpg

エアーを充填するためヨットハーバーから持ち帰りついでに清掃
表面はすぐに綺麗になるのだが、なにやらエアー漏れ・・・・
sc_20120225_02.jpg

台風用フェンダーと合わせて5個あるが、どやら1個は完全アウト(エアー漏れ)
アフターはこんなに綺麗になります。マリンサービスさん在庫持ってるかなあ~
長持ちするよ、このマジョニー・エアーフェンダー
sc_20120225_03.jpg

| メンテナンス | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マリントイレについて

以前にも掲載したスカンピのマリントイレ
先日問い合わせのコメントを頂いたので、もう一度スカンピ、マリントイレ

第2弾

スカンピに設置しているマリントイレは、以前パイオニア10Ⅱに付いていた
トイレを譲っていただいたもの、おそらく相当昔のTMC手動トイレではないかと思う。
使用するのに少し癖があるがまったく問題はない。
sc_2012_0222_01.jpg

ポンプユニットのOリングが劣化し、海水の吸い上げが困難になったため
TMC手動マリントイレ・リペアキット(MG651-02948)で修理した。

ポンプユニットのリペアキットは問題なく交換できたが、写真の○位置の
ゴムパッキンの形状が違い、すべてパーツ交換とはいかなかった。
sc_2012_0222_02.jpg

大阪のT様、参考になりましたでしょうか。
予算がゆるすようでしたら、新品のマリントイレに交換された方が
よいかと存じます。

| レストア・改造 | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ENO 2バーナークッキングストーブ

YHからの風景、撮影は2012年2月11日
瀬戸内の島々にヨットが調和して最高のロケーションです。
sc_20120211_01.jpg

ENOの2バーナークッキングストーブ、数年前にニューヨットジャパンで購入
お気に入りの一品です。
sc_20120211_02.jpg

手動点火タイプはマッチやチャッカマンが必要、少しアンチックですが
とてもお洒落なクッキングストーブです。
sc_20120211_04.jpg

ギャレーはスカンピ純正、キッチンシャワー付シングルレバー混合水栓
これは確かドイツ製・・・・以前マリンサービスさんの在庫処分で購入した。
sc_20120211_03.jpg

エンジン(2GM)が直接冷却のためクルージング中にお湯を沸かす
ことは出来ませんが、一度沸かすと真冬でも4、5時間は保温できる。
夏のシャワーにも最高、ましてこの季節には欠かせません。
sc_20120211_06.jpg

10年以上前にヨット仲間のオリーブさんから譲っていただいた
レトロなキャビンランプ、なにか本船を思い出させる不思議なランプ、
これもお気に入りの一品です。
sc_20120211_05.jpg






| Scampi 30 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャビン夜話し

季節はずれですが我が家のクルー犬とサンセット、黒島を超えると
さすがに季節風が強く2時間程度で体のしんから冷えた。
sc_20120128_07.jpg

さすがスカンピのクルー極寒でも余裕の笑顔、Dogフードで一杯行こう
sc_20120128_06.jpg

今日は男同士、久しぶりのキャビン夜話しでもしようか。
テーブルを下ろしてお座敷仕様、今日はレオとスカンピ泊です。
sc_20120128_09.jpg

ヨット泊なのに午前6時に起こす奴はだれ?
sc_20120128_11.jpg

最近は西高東低の冬型の気圧配置が続いている。重く厚い雲
の間から時折太陽がのぞくと少しは暖かいが風はとても冷たい。
sc_20120128_08.jpg

昨日北西の風に叩かれたお陰で思ったより船底が綺麗になった。
sc_20120128_05.jpg

sc_20120128_12.jpg







| Scampi 30 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月