2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

チークデッキ 目地シール

先週に続き今週は、スターン(船尾)ハッチの扉を持ち帰った。
目地シールは剥がれていませんが、ご覧のように永年の劣化が進んでいます。
sc_20111011_01.jpg

今回も娘に応援を頼みました。
sc_20111011_02.jpg

チークも手入れしだいでこんなに綺麗になります。
sc_20111011_03.jpg

20年以上経過しているチークとは思えない状態です。
sc_20111011_04.jpg

こんな感じで慎重にマスキングをしていきます。
sc_20111011_05.jpg

マスキングテープを張って長時間放置すると後が大変、一番時間の
かかる作業ですが、マスキングを張ったらすぐにシーカフレックスを入れます。
sc_20111011_06.jpg

sc_20111011_09.jpg

sc_20111011_07.jpg

sc_20111011_08.jpg

前回同様にシーカフレックスを入れて約10分、マスキングテープ剥がして
今回も作業完了、残りは現地、牛窓YHで作業です。
いつ頑張ろう・・・




| メンテナンス | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーカフレックス SF-290DC

長い間メンテナンスできなかった、チークデッキ(コックピット)
チークデッキの接合部や目地シール部分が剥がれ悲惨な状態になってきた。
この目地シールのコーキング作業、時間と根気と温度、色々な条件が必要なので
思ったより大変な作業になるのは間違いないです。重い腰を上げるかなあ~
sc_20111008_12.jpg
あるサイトでこんな記事が掲載されていた。
通常のコーキング剤と日本シーカ シーカフレックスの290を比較している記事のようだ。
通常のコーキング剤をチークデッキの接合部や目地シール部分に使用した場合材料の
伸び率が低いため、伸縮率の異なる異種材料の結合の場合では施工後6ヶ月程度で
接着面の剥離を生じることがある。
また、チークデッキの接合部や目地シール部分は、寒暖の差や水乾燥による材料の
伸び縮みに対応できずに剥離を生じ、水漏れの原因となる。
シーカフレックス290シリーズ場合高い強度と柔軟性があり、長期の使用でも完全な
弾性体となる。必要に応じプライマーを塗布することにより、完全な接着性を得るこ
とができる。
てなわけで、前回チークデッキの目地シールに使用したコーキング剤は使用しないで、
頑張ってお小遣いを奮発して、290DCを使用してみた。感化されやすいなあ~
sc_20111008_03.jpg

先週スカンピから外して持ち帰った右側のハッチの扉
今回の作業で使用したのが、写真中央の彫刻刀4mmとアクリルカッター、目地の
清掃用、またマスキングテープのカットにはクロス用のカッターナイフを使用した。
sc_20111008_01.jpg

好きなこととは言え、仕事から帰っての作業なので手のかかる作業・・・
肩がこる・・・毎日少しずつ下地を作っていきます。
sc_20111008_02.jpg

やっとマスキングまでたどり着きましたが、思ったよりマスキング
テープが沢山必要でした。一度中断して翌日ホームセンターへ
sc_20111008_04.jpg

ここからはいっきにシーカフレックスを入れていきます。
sc_20111008_05.jpg

シーカフレックスを入れて目地を均し約10分、目の良く見える春ちゃんに
応援を頼み、この作業も休まずにマスキングを剥がしていきます。
sc_20111008_06.jpg

sc_20111008_07.jpg

sc_20111008_08.jpg

sc_20111008_10.jpg


sc_20111008_11.jpg

マスキングテープを剥がすとこんな感じ、今週はスターンハッチの扉です。フ~


| メンテナンス | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンセット

夏から秋にかけて、日中の風は海から陸へ吹き、夜の風は陸から海へ吹く
この海風から陸風へ切り替わるときに無風状態(凪)になる。
牛窓のような内海ではこの凪の継続時間が長くことがある。これが瀬戸の夕凪
この日はやや肌寒く北からの季節風でしたが、景色は秋らしくなり空が高いです。
sc_2011_1002_02.jpg

9月から始めたクルーザー、今日はセカンドチャレンジ、入出港と接岸練習。
sc_2011_1002_04.jpg

スカンピのバース、分かるかなあ~ 目印に出港するとき桟橋に青い
バケツを置いてきた。いつも見ている光景ならあわてないが、たまに見る
海側からの光景、いくつもある同じ桟橋に慣れていてもあわてることがある。
sc_2011_1002_07.jpg

2度目でこのスカンピ(約3.8トン)の船体を無事に桟橋に着岸させました。
女性は度胸がいいですね。
sc_2010_0425_02.jpg

いつもはレオと二人ですが、9月から女性のクルーも増えて
ここのところスカンピが明るくなっています。
sc_2011_1002_05.jpg

ライフジャケット着けてるまりちゃんとけい子先生とってもかっこいいです。
これワイズギアのヨッティング・ライフジャケット、高かったけど買っててよかった。
sc_2011_1002_06.jpg
私が着用するとなんかダサいのに・・女性にはお似合いなのです。
写真、アップ過ぎたら連絡お願いします。スモールサイズに変更します。
ライジャケ、今度は青色にしてみよう・・・

| 牛窓 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月