2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

キースイッチ

もともとスカンピのエンジンはYS8だ。
前オーナーがヤンマー2GMに載せ替えはしていたが
デラックスパネルはついていなかった。
あらためてレストア履歴をみると1994年ダブルレバーから
シングルレバーに交換した時にデラックスパネルをつけた。
あれから早10年あっというまに過ぎたきがする。
2008_1003_01.jpg

先日エンジンを掛けようとキースイッチを回した瞬間
スイッチが・・・真っ二つになってしまた。
ティラーカバーは作ったが、コックピットには日よけ
など紫外線対策はしていなかった。
長年の紫外線でプラスティックが老化したようだ。
ヤンマーさんに注文して3日、キースイッチ(3700円)が届いた。
2008_1003_02.jpg

交換はいたって簡単、スイッチのセンターリングをはずして
パネルの中と外から挟むだけだ、念のため配線時は
メインブレーカーも落として作業を行った。
2008_1003_03.jpg
上の写真上部に少し写っている、船体へ100Vを引き込んでいる雄のパワーインレット
このパワーインレトの穴を開けるのも苦労した覚えがある。
スカンピの船体の頑丈さが実感できた作業だった。
2008_1003_04.jpg


| メンテナンス | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月